海外通販そのR
2003年6月 アメリカ 「Tennis Warehouse」〜


 Tennis Warehouse」への15回目の注文です。今回もトラブル...しかもダブルで。まず最初のトラブルは前回・前々回と同じ送料の問題。やはり画面での表示価格よりも$20高い。そして、もう一つは関税の問題。今だかつてナイ請求額がFedEXから届いてしまうのであった...。ハナシは長くなるので今回は先に購入商品を紹介しましょう...。

tw.jpg (3459 バイト)http://www.tennis-warehouse.com/

表中右端の”合計”には品代に加えて送料が含まれています。 

Product Name

Order

Price

Total

\

合計

1

Head Titanium Radical Oversize (3/8)

1

$74.99

$74.99

\10,486

\10,486

2

Prince Triple Threat Warrior Oversize (3/8)

1

$84.99

$84.99

\11,885

\11,885

3

Volkl C10 Pro OS (3/8)

1

$109.99

$109.99

\15,381

\15,381

4

Wilson Hyper Hammer 6.2 110 (3/8)

1

$94.99

$94.99

\13,283

\13,283

5

Ektelon Powerplay 16 String

5

$3.99

$19.95

\558

\2,790

6

Gosen Tec Gut Excellent 16L String

10

$4.99

$49.90

\698

\6,978

7

Nike Tennis Elbow Band Medium

1

$12.00

$12.00

\1,678

\1,678

8

Lotto Men's ATP Hat Navy

1

$12.99

$12.99

\1,816

\1,816

9

Diadora Men's Corporate Hat Black

1

$12.99

$12.99

\1,816

\1,816

10

Nike Men's Classic Polo White/Royal Medium

1

$20.00

$20.00

\2,797

\2,797

11

Puma Men's Retro Hoodie Midnight Blue Med

1

$20.00

$20.00

\2,797

\2,797

12

Puma Men's Agile II Pant Grey Medium

1

$15.00

$15.00

\2,098

\2,098

13

Kennex Pro Series 12 Pack Tennis Bag

1

$19.99

$19.99

\2,795

\2,795

14

Wilson Tour 3 6-Pack Bag

1

$15.00

$15.00

\2,098

\2,098

Sub Total

$562.78

ShipVia : FedExInternationalEconomy

$92.00

Grand Total

$654.78

Terms :Visa/Master Card (1$=\120.189)

\78,697

 

tw005.jpg (10484 バイト)今回は「今年は新人も入ったし、ダレか買ってくれるだろう..」という甘い見通しでラケットを個人的に購入してしまいました。..ちなみにもうすぐ2ヶ月が経過しますが、まだ1本も売れていません..トホホホ...この中のラケットを使い易い順番に並べると、Ti-ラヂカル..(少し落ちて)C10 PRO OS..HH6.2..(ずーんと落ちて)TTウォーリアーOSとなるでしょうか。えぇ、もちろん個人的な見解ですよ。やはり扱いやすさという点ではラジカルがグンを抜いています。自分で買ってもいいネ。(とか言って、出た頃に買っているのだが..)C10 OSですが、バランスが少し先っぽに移ったためか、取り回しがややキツく感じられます。MPの方が自然に感じます。HH6.2ですが、海外モデルなのでフレームに段々がついていて、HHシリーズらしからぬホールド感があり、OSなのにボレーの長短をコントロールしやすい。だけど、フラットに「うりゃ〜!」と打ち込んでいくとフカシたりネットになる..(まぁ、腕の問題でしょうが..)今回一番驚いたのはTTウォーリアーOS。そこそこ売れているし、MPは使えないこともなかったのでOSに期待したのですが、ボクのヘナチョコスイングでは「こりゃ、どーやって打てばいいの?」..というシロモノ。バックのスライス以外はほとんどコントロールできましぇんでした。みんな、どーやって使っているのだろうか??

 

tw006.jpg (15688 バイト)次はストリング。”Ektelon”なんて知らないでしょ?ボクも知りません..スカッシュの方では有名らしいデス。メーカーはプリンスと同族で昔はプリンスのパッケージで売っていました。以前に安いストリングばかり購入したことがあったのですが、安価のわりにはモノフィラメントらしからぬ食い付きとソフトな打球感(ただしすぐに切れるけど..)で、好印象でした。もう一つは"GOSEN TECGUT EXCELENT 16"、もっとも安価なマルチフィラメントで$4.99の今回は\700。だけど国内での定価は\2,800...品番も"TS602"、パッケージの色が違うかもしれないけど、間違いなく同じものなのだ。うーん、得した気分だ。

 

 

tw003.jpg (11746 バイト)tw001.jpg (7574 バイト)tw002.jpg (7685 バイト)

次はアパレル関係。キャップ2個にフード付きトレーナー、サンプラスが去年来ていたデザインのポロ。ロットのATPのロゴの入ったキャップはカッコイイんだけど、やはり浅い..。ディアドラのキャップは深くてジャストフィット、こりゃイイよ。ナイキのポロは$45の値札が付いていました。プーマのトレーナーも重宝しております。(中肉中背のボクですが、肩周辺の筋肉がやや発達しているため国内サイズではLが多いのですが、USサイズだとやはりMサイズとなります。Sでもイイくらいですネ。)

 

tw007.jpg (6653 バイト)ナイキのエルボーバンド。TWのホームページではガッチリしたつくりに見えましたが、実物はペラペラでした。こんな感じにつければイイのでしょうか?"Dr.エルボー"よりは違和感ないかなぁ..。汗の吸収がイイというか、放熱作用があるというか(コレもDRY FITなのか?)使用中はあまり気になりませんが、はずしてまた付ける時が気持ち悪いです。
 この他にラケットバッグ、変なPUMAのジャージを購入。(ジャージーは失敗だったな。Mサイズだけど、すそ上げしなきゃ体育館の床掃除することになりそう。)

 

 

またトラブルだよ..おい..(長いよ..モンクも..)

 さて、今回も前々回、前回同様に$20高い送料が請求されていました。成田から北海道までの宅配料なのでしょうか?TWのHPが一新して配送がFedEXオンリーになってから、このありさまです。今回はカード会社にメールしてみましたが、後日電話があり「一応、調査に入りますが、あまり期待しないでネ..」という内容でした。以後、特に連絡はありませんので、この金額のまま..に落ち着くと思われます。えぇ、次回からは「$20高いもんだ..」と割り切って注文するつもりです。北海道内在住で僻地に住む海外通販経験者の情報を求む!..のだ。
 もう一つのトラブルは関税のかけ方についてです。最近は明らかに海外通販を始めたころよりも取りたてがシビアになってきているのは感じていましたが、今回はFedEXのチョー勇み足..といったところでしょうか。

最初の請求額は\6,100円。いくら何でも高すぎるゾ。内訳は...
関税     2.500
消費税   2,500
地方消費税 600
手数料    500

 資料をチェックすると..そもそもの間違いは、$562.78の品代に対してCIF(仕入書価格)が$517.64に設定されていること。シロウトの個人輸入の場合は品代の60%となるはず。CIFが間違っているから、そこから算出される消費税・地方消費税も間違っている。しかも、そのCIF全額に対してガットの関税4.3%がかけられる..というメチャクチャぶり。ちなみに今回のガットは税表番号3916.90(PLASTICS RODS、STICKS & ETC..)というもの。ビミョーに前回のガットの関税と違うなぁ..。コレも違っているんじゃないかなぁ。まぁその他、興味のある人は”関税定率法”のページでもどーぞ。(カンジンの衣類一般の部分がリンク落ちしていますけど)
 とにかく、請求書の中で正解だったのは”関税・消費税特別手数料”の\500のみ。「ダミだ!こりゃ!」ということで、さっそくフリーダイヤル。
「あのぉ..CIFの算出が間違っているし、関税のかけ方も違うと思うんですけど」
「それは失礼しました。税関担当のモノから連絡をさし上げますので..」
20分くらいすると電話があったので、同じことを指摘する。担当者は品目の確認をして、ラケットとそれに張ってあるガットは無税、その他のものは計算しなおしてから改めて請求書を送る..ということで電話を切る。

後日、送られてきた封筒の中身は請求書と振り込み依頼書のみ。輸入許可通知書・輸入(納税)申告控の再発行はできないからだ。つまり、前回の請求書が送られてきた時点、正確には輸入許可通知書が発行された時点で、FedEXは通知書に記載された金額を支払っており、税金問題にはすでに決着がついていることになる。FedEXの通関担当者が自腹を切って不足分を補填するのであろうか?関税の掛け過ぎを指摘されて、自分が損するくらいなら小額の個人輸入に対しては、はじめから「消費税+地方消費税」だけにすればイイのに。
 それにしても、コレではこの請求があっているかどうかもわからないので、計算明細をFAXするように再び電話を入れる。
2回目の請求額は\3,900円。内訳は...
関税     1,400
消費税   1,600
地方消費税 400
手数料    500

FAXの1枚目...要点を抜粋すると、「アイテム2番(アイテム1番は無税のラケット)の関税の掛かる品目ですが、いずれの品目も関税の掛かる品目の合計価格の半額($98.91)を超えておりませんので最高税率11.2%となります。」というもの。

FAXの2枚目は計算書で、1枚目のとおりにラケットを除くすべての品代の60%に対して税表番号6105.10、"OPEN/POLO SHIRTS KNIT COTTON"の11.2%が掛けられている。消費税などの算出はあっているようだが、フと疑問がわいた。そう、「なんで11.2%なんだ?」もっともらしい理由が書かれているが、そんなこと知らんかったぞ。しつこく電話してみることに...

「なんで全部に11.2%なんスか?」
「えぇ、いずれの品目も関税の掛かる品目の合計の半額を超えてませんので、一番高い税率が適応されます。」
「そんなこと知らんかったけど、どっかに書いてあるの?そーゆー法律ってあるの?」
「...いえ、コレは法律ではなく通関業者の習慣と申しましょうか..」
「習慣でやってもらっちゃ困るなぁ..キチンとしてもらわないと..」
「えぇ、しかし1日何千件という処理がありますので..」
「だったら、小額の個人輸入に対しては昔みたいに消費税と地方消費税だけにすればいいでしょ。」
「えぇ、まぁそうなんですが...」
「このことについて、もっとモンクの言える部署は他にないの?とにかく、キチンとしてもらいたいなぁ。」
「..わかりました。税率別に再計算させていただきます...」

うーん、損するとこだったワイ。なんでも言ってみるもんですね。
だけど、この”習慣”を利用してストリングが関税品目の半額を数セント超えるようにして、あとはアパレル関係を購入する..ってのもアリですかね?

数日後に3枚目の請求書が届く。
3回目の請求額は\2,800円。内訳は...
関税      600

消費税   1,400
地方消費税 300
手数料    500

今回は計算書付き。ストリング3.9%、エルボーバンド6.8%、キャップ5.8%、トレーナー・ジャージ9.6%、ラケットバッグ8%、ポロシャツ11.2%..実に細かく別けられていて、それぞれの品代の60%をCIFとして個々の税率で算出されていました。(できれば税表番号も書いておいて欲しかったのですが..。)せっかく細かく計算してもらったので、ちょっと計算内容を記載してみます。

品目

total($)

CIF($)

CIF(\)

切り捨て

関税率(%)

関税

1

ラケット4本

$364.96

$218.98

\25,754

\25,000

0.0

\0

2

ストリング2種類15個

$69.85

$41.91

\4,929

\4,000

3.9

\156

3

エルボーバンド

$12.00

$7.20

\847

\800

6.8

\0

4

キャップ2個

$25.98

$15.59

\1,833

\1,000

5.8

\58

5

トレーナー・ジャージ

$35.00

$21.00

\2,470

\2,000

9.6

\192

6

ラケットバッグ2個

$34.99

$20.99

\2,469

\2,000

8.0

\160

7

ポロシャツ

$20.00

$12.00

\1,411

\1,000

11.2

\112

\678

合計

\600

関税の算出方法です。課税品目ごとの合計の60%がCIF($)となり、\に換算されます。この時のレートは\117.61円ほどでした。課税額はその金額に応じて、10円単位・100円単位で切り捨てられるようです。切り捨てられた課税額に所定の関税率をかけたものが関税となり、10円単位で切り捨てられます。

品目

CIF(\)

関税

課税額

切り捨て

消費税4%

地方消費税25%

1

ラケット4本

\25,754

\0

\25,754

\25,000

\1,000

\250

2

ストリング2種類15個

\4,929

\156

\5,029

\5,000

\200

\50

3

エルボーバンド

\847

\0

\847

\800

\32

\0

4

キャップ2個

\1,833

\58

\1,891

\1,000

\40

\0

5

トレーナー・ジャージ

\2,470

\192

\2,570

\2,000

\80

\0

6

ラケットバッグ2個

\2,469

\160

\2,629

\2,000

\80

\0

7

ポロシャツ

\1,411

\112

\1,511

\1,000

\40

\0

\1,472

\300

合計

\1,400

\300

えー、次は消費税と地方消費税の算出方法です。消費税の課税額には、なぜか関税も含まれます。(なぜだ?税金に税金をかけるとは..よくわからん..)課税額の計算方法としては、例えばストリングの場合は関税額\156を10円単位で切り捨てた\100をCIF(\)に加算した金額となります。(\4,292+\100=\5,029)”切り捨て”があるので、ほとんどのものは結果に違いはありませんでしたが、ストリングはたった\30の差で課税額が\4,000から\5,000になってしまいました。損した..。あとは同じように算出していきます。地方消費税は消費税額の25%となります。コレだと\50円未満は取られないってコトですかね?計算書にはイキナリ”0”と記載されていました。まぁ、”切り捨て”が適応されるので結果に違いはありません。

..ってなワケで、最初の請求額である\6.100から\3,900を経て、最終的には半額以下の\2,800に落ち着きました。こりゃ、エラい違いです。FedEXの請求書は、みなさんも目をサラのようにして要チェックですね...
 ちなみにラケットですが、ラヂカルは売れそうなんですが、他のラケットはちょっと...頼む!ダレか買ってくれぇ〜!(C10以外はグリップにビニールついたままですから..よろしくお願いします。)

Bullet1.gif (122 海外通販するぞ!へ戻る

Bullet1.gif (122 メインページへ

浦河町テニス協会ホームページ −海外通販そのR

inserted by FC2 system