「第13回 大樹協会杯」開催!

 はたして、DVDはダレの手に...? 〜


 さて、今年も大樹協会杯の季節がやってまいりました。例年ですと浦河町テニス協会から2〜3ペアのエントリーがあるのですが、今年はみなさん忙しいというか、そもそも最近、練習に来る人が少ないというか...そんなワケで、今年は少数精鋭、A木氏とワシのペアのみがエントリーとなるのでありました...え?”少数精鋭”という言葉が不適当じゃないかって?...おっしゃるとーりでございます...




 さて、テニスにゃまったく関係ありゃしませんが、大樹協会杯の前週は三男の通う小学校の運動会でした。幸い天気にも恵まれ、風も弱く、絶好の運動会日和となりました。三男は幸せなヤツなので、何の屈託もなく競技に没頭、借り物競争でのお題は、なぜか「モテモテになりたい人」、用具係としての責務もマットウし、最後の全員リレーもリードを広げてバトンをつなぐことができたモヨウ。いやぁ、楽しそうでナニヨリでしたネ。
 さて、いよいよ来年は6年生ということで、最後の小学校運動会となります。とりあえず、長男の入学から今まで12年間も続いてきたのか...そのわりには、あまり記憶がないなぁ...たぶん競技内容が基本的に変わらないからでしょうか?たしか長男の時の借り物競争のお題は「おいなりさん」、次男の時は「カッコイイ先生?」だったかな?ま、3人ともノビノビと楽しく競技に参加していたようなのでヨシとしますか。競技以外でも控え席で友達とジャレあっているところが見えたり、集団の中でもウマくやっていることが確認できる学校行事でしたネ。
 いよいよ来年は最後か...たぶん親子競技に駆り出されるんだけど、競技内容には顔が真っ白になる「飴玉探し」が含まれているだろうから、それは女房にマル投げだな...




 大会当日の天気は小雨...というより、ほとんど雨。7時少し前にA木氏宅へ向かう。
 果たしてトンネルを抜けると天気はどーなっているのでしょうか...





 途中、コンビニに寄ってA木氏がコーヒーを購入。前にも書いたと思うが、ココのコンビニは周辺の牧場関係者のアルコールご用達専門店ということもあり、ほとんど見ることのないジャックダニエルのラージサイズがあったり、大きな焼酎のカメが設置されていたり、アルコール類が充実しているのだ。今回のA木氏の報告によると、割高ながら”獺祭”や”十四代”まで置いてあるらしい。
 野塚トンネルを抜けると天気は曇り、路面はほぼ乾燥状態でした。コッチは雨は降っていなかったようですが、たぶんコートは湿っているだろうなぁ...そーすると、生意気にもメインにナチュラルが張ってあるメインラケットが使えないので、ショットに狂いが...今日の言い訳はコレに決まりだな。





 途中でものすごく早く到着してしまうことに気付き、アクセルを緩めてゆっくり来ました。それにしても8時ころの到着だったでしょうか。
 中央はベテランU働氏。本日は現帯広在住のY本氏とのペアで参戦です。





 そのころK原会長もチャリンコで到着しました。手前は現帯広在住のY本氏、奥はジャンボA川氏。今回のA川氏はホスト役として補欠扱い?地元高校の先生とのペアで参戦するモヨウ。





 Y会長も到着しました。今年のイメージカラーはブルー?去年はレッドだったようですが...えぇ、どーでもイイことですね、そんなコトは...
 今年もペアはM氏!K村氏のクルマで来たからビール飲む気マンマン!ダレが何と言おうとビール飲むゾ!...テニスとは直接関係ない決意を固めるY会長。
 ちなみにこの時、K原会長もいたのですが、Y会長はK原氏のアタマを見て、「白いモノが増えたねぇ...」とオセッカイな指摘。そもそもアタマに頭髪そのものがないY会長が、他人の頭髪について指摘する権利はあるのか?...
 「Y会長にだけは言われたくないよなぁ...仕込んでDVD当ててやろうかなぁ...」そんなことを考えるK原会長でした。




 そーいえば、K原会長が寄稿している某機関紙があり、ボクの元にも届くのですが、その文章の一部に、このページのフザケタ傾向を取り入れていることをご本人からお聞きしました。「おもわずパクってしまい、どーもスンマセン...」とのことでしたが、後から読み返しても、どのへんなのかやや不明瞭...とくにシモネタや捏造情報などは見当たらないのだが...あえて言うなら、自分でフっておいて、その後( )を用いて自分で突っ込んだりするトコロでしょうか?
 教育機関関係の機関紙なのに、なんかトンデモナイ暴言やイヤラシイことでも書いてあったのかと思って、あわてて読み返してしまったのだ。





 すでにコートの中では数名が練習中。本日、急遽ペアを組むことになったY本氏とU働氏も練習中...なんでもY本氏の本来のペアがキャンセルとなってしまい、急遽、U働氏とのペアで参戦が決定したそーです。
 今は某四文字熟語チームに身を置くY本氏、いよいよ某フェニックスチーム入りか?





 そのころ、Y会長のペアであるM氏も到着しました。本日もY会長と共同作業でヘンテコ・テニスワールドを展開する予定...





 まだアスファルトには水溜りがありますが、練習する参加者のみなさん。某四文字熟語チームのラブラブHダンナさん&I原氏も空きコートに走る!





 さて、そろそろ開会式が始まる時間でしょうか。会場を見渡すK原会長ら三役。マイクを握るのはM野さん、競技役員はS田氏...そして、なぜか三役に紛れるY会長。ナニしてんの?





 「えー、みなさん、おはようございます。ようこそ大樹町へお越しくださいました...昨日、一昨日と、かなりの雨量がありましたが、もう、今日は降らないと思います...」
 実際には、この後、何回が小雨に見舞われるのだが、あくまで楽観的なK原会長。そして、相変わらず居座るY会長...





 そんな挨拶に聞き入る参加者のみなさん。今年は男子18ペア、女子15ペアほどの参加があったようです。(対戦表が手元にないので詳細不明)
 そして、まだ居座るY会長...





 「......」
 途中、なぜか言葉につまるK原会長。しばしの沈黙に会場がざわめく...
 「ゴメンナサイ...言いたいことがあったんですけど...そのうち思い出しますので...今日も一日、ヨロシクお願いします...」
 結局、この言いたかったことは、わからず...「ビールがそのうち用意されますので...」とでも言いたかったのでしょうか?
 後ろはそんな挨拶を無視して対戦表を確認するY会長。M氏とのペアじゃ、ナニをどー確認しても結果は同じような気がしますけどネ...





 「いやぁ...ナンだっけなぁ...何か言いたかったような...」
 「大丈夫ですか?K原会長?...軽い脳梗塞でも発症しました?」心配するS田氏と、対戦表をニラみ続けるY会長...対戦相手に呪いでもかけているんでしょうか?





 「続いて競技説明をお願いします...」
 「うーん...思い出せない...たしか昨日の夕食はハンバーグだったよなぁ...」苦悩するK原会長。
 「エロイムエッサイム...エロイムエッサイム...」呪文をとなえ続けるY会長...





 「うーん...なんだっけ...パンツはいているし、ラケット持ってきたし...やかんの火は消したし...」まだ苦悩するK原会長。
 「えー、本日は6ゲーム先取ノーアド、デフォしたところには高校生が入りますのでヨロシクお願いします...」競技説明するS田氏。
 Y会長は...寝てるの?





 「もう、イイや。どーせタイシタコトじゃないだろ。そんなことよりDVDを進呈する時、ナニ言おうかな...」今から構想を練るK原会長。
 「これで開会式を終わります...」
 結局、その場に居直り続けたY会長...あとで聞いたら、「いや、戻るタイミングを失ってしまって...」ということでした...なんじゃ?そりゃ?





 さて、そろそろ試合も始まるし、こまめに水分補給でもしましょうか...って、参加賞のスポーツドリンクには目もくれず、いきなりクーラーボックスから取り出したビールを飲みだすラブラブHダンナさんとI原氏...時間は午前8:40...開会式直前、空きコートでチョッピリ練習したのは、この一杯のためだったのでしょうか?
 この光景が当然のごとく、ラブラブH奥様も、用意してきたパンやらオニギリやらオツマミやらを準備中...重ねて言いますが、時間は午前8:40、試合開始前なんですが...





 さて、センターハウス横ではY会長とM氏がベースキャンプを設置中。K藤氏のタープを設営中なのですが、M氏が要領を得ずに苦戦しているトコロ?
 この後、なんとか設置完了しました。途中で少し降られたので重宝していましたネ。





 センターハウス前はこんな感じ。ガラス張りの役員席や、センターハウス内のこ上がりも利用可能でした。





 今にも降り出しそうな雲の下、試合開始となりました。
 M氏とY会長も、そんな試合を観戦中...いったいナニを考えているのだろうか?たぶん2人とも、テニスにはまったく関係ナイことを考えているに違いない...





 さて、K原会長の試合も始まりました。K原会長のペアは大樹町特別職にあるA氏、初戦の相手は去年のDVD獲得者であるF村氏とM岡氏でしたが、K原会長・A氏ペアが1位グループへ、F村氏・M岡氏ペアが2位グループへと進出しております...ところでF村氏は去年もらったDVD見ました?





 A木氏とボクのいたブロックの、他の2ペアが試合中。結果、1位抜けして優勝までしてしまう某四文字熟語チームのK藤先生・O野氏(イニシャルの意味なし)ペアと、ジャンボA川氏・高校の先生ペアの対戦。生徒さんに見つめられて、やりにくそう?





 そのころ、オモムロに本部ヨコに設置されるビールサーバー...





 そして、当然のごとく飲みに入るY会長...まだ試合もしていないし、汗もかいていないが、そんなことはY会長には関係ないのであった。





 そして試合を終えたK藤先生も、すかさず一杯...ウーム、教育者にあるまじき行為ダ。
 その後方でも缶ビールからサーバーのビールへ変更するラブラブHダンナさんが...時間は午前9時を少しまわったところだが、すでに大人気のビールコーナーなのだ。
 ちなみにK藤先生のラケットバッグはVICTOR?聞いたことがなかったのでググってみますと、バドミントンメーカーであることが判明しました。韓国やフィリピンのナショナルチームのスポンサーにもなっているんですって。





 現帯広在住Y本氏・ベテランU働氏ペアのお相手は、鉄人S木氏・Y田氏ペア。
 Y本氏は新しいピュアドラを娘さんに奪取されたため、今はラヂカルを使用中。本日持参したラケットは、すべてナチュラル×ポリ系のハイブリッドということで、この湿ったオムニで使用すれば、イッキに寿命が縮まる可能性が高まりますナ...





 さて、ベースキャンプに戻ってきますと、Y会長にナゾのLINEが...若いオネェチャンからの営業メール?
 「いや、なんか時々、こんなのがくるんだよネ...」
 おそらく無作為に送り付けられる営業メールと思われるが、Y会長のケータイに届く画像としては、かなり貴重なものに違いない。まったく脈はないことを知りつつも、まんざらでもないY会長?...アブナイ!Y会長のココロのスキマを悪徳商法が襲う!(ホットケ!)
 それにしても液晶画面が汚すぎるのだ。





 「そんなのだったら、ホラ、オレのところにもきているヨ...」
 負けじとケータイ画面を見せるK藤氏。K藤氏もドコか若いオネェチャンのいるお店に行ってるんじゃないの?





 オレのスマホは通話のみの設定だからLINEはしていないけど、最近、次男がタブレットを持つようになって、LINEがしたいと言い出した。タブレットもWiFi契約はないので、ウチの中とフリーのWiFiスポット限定でウチの固定電話でLINEに登録してみたら、来るわ来るわ...どんな設定にしているのか知らんが、「アンタ、だれ?」って人もいる。
 まったく興味がなかったので、深く考えずに登録させてしまったのだ。ちゃんと設定しなきゃキリがないナ、こりゃ...





 なんたって通話相手の99%が女房のオレに、LINEなんて不必要だな。
 さて、久しぶりに若いオネェチャンの画像を見て、カラダの一部が熱くなってしまったのか、すかさずビールでクールダウンするY会長?





 今回もパン焼いてきたし、オニギリは用意したし、ダンナのオツマミも準備できたし、あとはテキトーにテニスしてビール飲んでワイン飲んで、なんかもらって帰るだけネ...そうそう、DVD以外のものだったら、何でもイイわ...そんなハナシで盛り上がるラブラブH奥様?





 チョッピリ雨脚が強くなり、K藤先生が持参した自立式ワンタッチテントを立てる某四文字熟語チーム...パッと広げて、脚をスルスル伸ばしてと...設置中にダレもがウスウス感じてはいたのだが、このサイズでは小さ過ぎるような...完成したものの、イスに座って利用したら、実質的に1人用?
 「はいはい、みんな直立不動で立って雨をしのいでちょうだい!(まったく!使えないモノ持ってきやがって!)」
 ラブラブH奥様の発言に、ココロの声を勝手に加えてみました。結局は荷物置き場として機能したモヨウ。





 1試合を終えて、飲むA木氏。1試合目の相手はジャンボA川氏・高校の先生ペアでしたが、高校の先生が生徒さんの前で緊張して実力を発揮できずダブルフォルトを連発(?)、つられてジャンボA川氏もダブルフォルト?...コッチも湿ったボール、加えてオムニではほとんど打ったことがないセント・ジェームスということでコントロール不良でしたが、地道に返球しているうちに勝ってしまいました。
 とりあえず、勝利の美酒に酔うA木氏でありました。





 元協会員で、今は大樹町在住のH氏の試合も始まりました。相手は広尾K藤氏・K村氏ペア。
 去年まで日高管内B町に在住のH氏でしたが、そこから東へ直線距離にして約90キロ移動...といっても、日高山脈があるから、道路上はなんだかんだ200キロ、さらに家族の待つ札幌が遠のいてしまったのだ。オツカレさまです...
 H氏の言うことには、今年は杉の害虫であるナントカ虫が大量発生する時期が例年よりも早い傾向があるようなので、みんな気をつけるように...とのことでした。えぇ、マニアック過ぎる情報でスンマセン...





 高校生たちと顧問の先生が試合を観戦中ですが、くしくも目の前にはビール飲みながらテニスする酒豪夫婦が...はたして得るものはあったのであろうか?
 良い子のみんなは、マネしちゃダメだよ...





 さて、1試合が終わったところで周囲の散策に出ました。アスファルトの水溜まりにはアメンボが泳いでいました。アメンボって、気がつけば、ほんの小さな水溜りにもいますよね。いつもドコから湧いてくるのかと思っていたら、水溜まりを求めて飛んでくるそーです。飛んでいるところは見たことないなぁ。
 ちなみにアメンボはカメムシ目、カメムシ亜目に分類され、カメムシ同様に捕まえると匂いを出すんですって...ダレか嗅いでみたことあります?





 かつてウチの子供たちも遊んだ遊具。外側の傾斜した板には突起物がついていて、それに足を乗せたり、つかんだりして地面に足をつけずに移動するのがポイントなのだ。ボクも子供たちといろんな公園に行ったと思いますが、このタイプの遊具ってココ以外で見たことないナ。





 テニスコートと言うか、スケートリンクのウラには大小の野球場があります。小学生と中学生(?)らしき団体が練習中でした。時々、三男の所属する野球少年団が音更、広尾、中札内などの十勝方面に遠征に行くけど、ココらへんは来たことないなぁ。大樹町なら近くてイイよなぁ...もう、送り迎えがタイヘンなの。(ほとんど女房に丸投げなんだけど...)





 野球場側からコートを見ると、こんな感じ...





 さて、下に戻って会場ウラの公衆トイレに入りましたが、男性用小便器のフラッシュバルブに見慣れないものが装着されているではありませんか。その名も「コーランV1」...説明しよう、「コーランV1」の正式名称は「凍結防止ヒーター 凍らん コーランV1」で、言うまでも無く”凍らん”と”コーラン”を引っ掛けたネーミングで消費電力は6.5W、もはやこれ以上の情報はネット上でも不明、製造元すら確認できない代物なのだ。
 ちなみに「コーランV1」でググると、イスラム教の聖典である「コーラン」の電子書籍がヒットします。こんなネーミングでイスラム教徒から怒らないか心配なのだ...インシャラー!





 コートに戻るとK原会長・A氏ペアと、大御所W氏・Y本氏ペアが試合中。K原会長がアタマ1つ突き出ているのだ。このブロックからはK原会長・A氏ペアが1位グループへ、先に対戦したF村氏・M岡氏ペアが2位グループへ、大御所W氏・Y本氏ペアが3位グループへ。
 結果的にこのブロックにいたF村氏・M岡氏ペアが2位グループ優勝、大御所W氏・Y本氏ペアが3位グループ優勝でした。





 さて、やっとY会長とM氏の試合も始まったようです。相手は現帯広在住のY本氏・ベテランU働氏ペア。
 浦河を出て、はや4年のY本氏...しかし、なんでココまで来てM氏と対戦しなくていけないのか、やや疑問と不満を感じつつも試合中。
 結局、このブロックからはY本氏・ベテランU働氏ペアが1位グループへ、言うまでも無くY会長とM氏ペアは3位グループへ...





 とりあえず、そんな仲間の試合を観戦するA木氏。ご覧のとうり、時々、太陽も顔を出したのですが、一日中どんよりした曇り空が広がる大樹町でした。





 さて、お昼時となりました。昼食は町内の某大衆食堂から出前を取ることになったのですが、出前が届くまでの間、ラブラブH奥様のパンをいただくことに。ボクはヒジキとシーチキンのパンをいただきました。いつも思いますが、シットリしていて売り物のようです。いつもごちそうさまデス...





 そして出前が到着...岡持ちごと置いていきました。フタを開けるとこんな感じで、ブタ丼、カツ丼、チャーハンがきれいに並べられていました。広尾K村氏のオススメは”牛トロ丼”でしたが、生モノは出前不可とのことで、ボクはカツ丼をいただきました。味は...フツウ?えぇ、温かいものが食べられたのでモンクありません。





 某大衆食堂は4〜5年前に家族でいったことがあります。某氏によると「あそこは麺類以外かな?」...しかし、広尾K藤にはお気に入りのラーメンがあるようでした。ま、趣向の問題ですからネ。ボクら家族が行った時は、たしかラーメンやら定食類を注文した記憶があるのですが、その中身はあまり憶えていないなぁ...たぶんフツウだったのでしょうか。子供たちはたくさんマンガがあって喜んでいましたけどネ。





 カツ丼を食べているあたりから、各順位トーナメントも開始となりました。多汗症のY本氏はTシャツを着替えて1位トーナメントへ。なんか黒い靴下みたいなの履いていて、鉄腕アトムみたいになっているゾ...?





 鉄腕アトムみたいな足の正体はアンクルガードと下腿用のコンプレッションサポーター?なんでも最近、痛めてしまったそうで、満身創痍のY本氏なのだ。
 ちなみにボクも正月明けにハムストリングの軽い肉離れを発症したけど、トシとるとチョットしたことで筋肉を痛めてしまうからイヤだな。ボクの場合、スポーツ中にのムリな動きでケガしたことはないんだけど、ナニげない時、油断しているときに”グギッ!”という傾向があります。今回の肉離れも雪道をサンダルで小走りしていた時に滑って転びそうになって踏ん張った瞬間に”グギッ!”といきました。そのまま転んで横受身でもしていれば良かったナ。





 3位グループトーナメントに進んだY会長・M氏ペアの相手はラブラブHダンナさん・I原氏ペア。クジ引きでシード権を当てたY会長・M氏ペアは、この試合に勝てば決勝進出でしたが、あえなく敗退でした。
 隣りのコートでは女子の試合が進行中。ユニフォームそろえてカッコいいペアは釧路チーム。釧路チームといえば、毎年の常連であるジャイアン氏が思い起こされますが、今年は御子息の運動会と重なってしまい不参加となったモヨウ。この日に釧路が土砂降りで、運動会が日曜日に順延されていたら参加できたかもしれませんネ。





 こちらベースキャンプ。「やられてしまった...」という雰囲気でアタマをかくのはK藤氏...なぜなら2位グループの準決勝で、A木氏・ワシのペアに負けてしまったため。内容はよく憶えてないけど、勝っちゃいました。
 とりあえず2位グループ決勝に進出したA木氏・ワシのペアでしたが、決勝ではF村氏・M岡氏ペアにアッサリと敗退しております....いやぁ、決勝は完全な小雨状態でメインラケットが使えなかったんだよねぇ...やはりそのへんの問題でしょうか...えっ?素直に負けを認めろって?...どうもスミマセン...トホホ





 「うーむ...今日も負けてしまった...」反省しきりのA木氏と、A木氏の胸中を察してか、頭上には淋しげに鳴くカラスが2羽...ま、馴染みのお蕎麦屋さんにも行けたし、ビールも飲めたし、2位グループだけど決勝進出できたし、今日はコレでヨシとしますか...あっ!あとはDVD以外が当たればネ。





 残り試合も少なくなり、順次、空いたコートでは地元中学生の女子軟式テニス部が活動中。コートの外でも練習中...もうチョットで終わりますので...





 あれ?Y会長・M氏ペアが、今度はH氏・S山氏と試合してるぞ...と、これは3位トーナメントのコンソレーションでした。
 ココでY会長・M氏ペアが本日の初勝利を勝ち取ったモヨウ...ってことは、H氏・S山氏ペアは...(ホットケ!)





 フと足元を見ると、フタをズラした排水溝が...試しに合わせてみると、やっぱりフタがデカい...なんじゃ?こりゃ。フツウはセットで売ってるもんだよなぁ...





 やっと1勝できたY会長に声をかけるラブラブHダンナさん。
 「Y会長、今日は何杯飲んだの?」
 「うーん...3〜4杯かなぁ...」
 「いやぁ〜、ボクも飲み疲れですよ〜...」
 たぶん、そんなテニスには一切関係ナイ会話が交わされたに違いない。
 このころには用意されたビールも完売、この後、さらにコンビニに缶ビールを買いに行くY会長であった...今日も飲み過ぎだ!






 と、1位グループのコンソレーションでトラブル発生?Y本氏・U働氏ペアと高校生ペアの対戦でなにやらモメているところ?
 たぶんY本氏の汗がオムニコートに浸み込んで、コートチェンジしたらスベってしまった...といった抗議内容でしょうか?





 個人的には今日の試合も終わって、残すは抽選会のみとなりました。相変わらずの小雨ということで、荷物を片付けにクルマに戻ると、屋根に昆虫が...コレってアメンボ?やっぱりアメンボって、飛んでくるんだなぁ。
 アメンボの移動手段が確認できたこと、水溜り以外でアメンボを観察できたことは、今日、もっとも有意義な出来事だったかもしれない。





 各順位トーナメントの決勝が行われるころには、ほぼ小雨状態でした。傘を差したり、泥棒のようにホッカムリして観戦する人あり...




 こちら男子決勝は、K藤先生・O野氏ペアとS田氏・T氏の対戦となりました。地元のS田氏を除いて、あとの3人は某四文字熟語チーム所属ということで、仁王立ちで応援するK原会長にもチカラが入るのだ...って、試合を見ているフリして、どーやってDVD渡そうか考えているんでしょ?
 この試合はK藤先生・O野氏ペアの勝利となり、残るは表彰式と抽選会になりました。天気が悪いので急いでイキましょう...





 ベースキャンプをたたもうとしたら、本部から「ただいまより表彰式を行います...」のアナウンスが...あわてて本部前に来たものの、時すでに遅し...ゆえにこんな画像になってしまいましたが、男子優勝はK藤先生・O野氏ペアでした。おめでとうございます...
 しかし、賞品のお米を受け取った後は、目も合わせることなく別々の方向へ向かう2人...?





 続いて男子2位グループ優勝のF村氏・M岡氏ペア。おめでとうございます...決勝はA木氏・ワシのペアを一蹴しての優勝でした。もう少しナントカしたかったなぁ...展開が長引くと不利と思って自分のボールはチカラ入れていったけど、ほとんどカラ回り...試合の直前、目の前でボレー&ボレーする2人を見て、M岡氏の正面にでも打ち込んでおけばOKかと思ったら、本番じゃアッサリ切り替えさえれてコッチがミスる始末...トホホホ
 やはりメインラケットが使えなかったことがねぇ...え?イイかげんにしろ?...どーもスミマセン...





 そして男子3位グループ優勝は大御所W氏・Y本氏のベテランペアでした。おめでとうございます。3位グループに入ってからスコア上は圧勝ということで、会場の一部、特にラブラブHダンナさん周辺から「米ドロボー!」なるヘイトスピーチも飛び出していましたが、ブロック内の対戦相手を考えると無難な3位グループ進出?ある意味、ブロックに恵まれた結果の優勝だったかもしれませんネ。





 続いて女子の部、優勝はS根さん・S木さんペアでした。おめでとうございます。お一人は所用で、すでに退席ということでしたが、お米はちゃんと渡したんでしょ?ドサクサに紛れてDVDとか渡されませんでしたか?





 続いて女子2位グループ優勝は、K口さん・N田さんペアでした。おめでとうございます。「わーい」と素直に喜ぶお二人でした。





 続いて女子3位グループ優勝は、I藤さん・O野さんペアでした。おめでとうございます。
 「んん〜、重〜い」と、お米のありがたみを噛み締めるお二人でした。





 「えー、これで表彰式を終わりたいと思います...引き続いて抽選会を行います...えー抽選会ですが、今回、仕切ってもらうのは大樹高校生のみなさんです...シロウトですので、あたたかい目で見守っていただければと思います...」
 なぜか、ココで抽選会を高校生にマル投げという新しい企画をブッ込んでくるK原会長...ナニを企んでいるのだろうか?





 そんなK原会長の企みなど、まったく興味のない女子軟式テニス部のみなさん。元気にコエを出して練習中...





 そんな準備の最中、イキナリDVDを取り出し、これ見よがしに誇示するK原会長。
 会場からは「本当にいらな〜い!」とか、「去年はダテ?ホラ、なんか古いテニス雑誌のオマケといっしょだったじゃない...イヤねぇ」などの声が。
 今年は、いったいどのタイミングで出てくるのであろうか...会場に緊張が走る!





 着々と準備が進む中、自らのDVDを景品の中に混入するK原会長...混入とは、まるで毒物のような扱いなのだ。





 「こ、このDVD、もしかして中身はイヤラシイDVDじゃないのか...?」イタイケな男子高校生の股間をも刺激してしまうK原会長のDVD...安心してください、ただの古いテニス映像ですので...





 そんな高校生たちの働きなど、一切無視してワインの銘柄を確認するY会長とラブラブH奥様。
 この後に及んでワインを飲むとは...酔っ払いもココまでくると、もーナニも言うことありゃしません...





 「えぇーっと、チーズが20個でしょ...参加賞はコッチに置いといて...」
 一生懸命に準備する高校生たちの前をワイン片手に通り過ぎるラブラブHダンナさん...この神をも冒涜する行為に、K原会長のハラわたは煮えくり返っているハズだ。





 さて、準備が整ったようです。
 「え?オレがマイク持つの?」
 ココにきてモメる高校生たちをあたたかく見守るK原会長...うーん、青春ってスバラシイ!(んな、オオゲサな...)





 「...さ、最初は...A教育長に直接、引いていただきマス...」
 途中、「聞こえませ〜ん!」とか「景品はナニ?」などのツッコミはありましたが、なんとか進行中。
 「えー、7月2日、3日ですねぇ、大樹町航空公園で”新・ご当地グルメ グランプリ”が開催されますので、みなさん、是非、またおいでいただきたいと思います...」
 さりげなく地元イベントをアピールしてから、クジ引きするA教育長氏。ちなみにウチのT田氏とはテニス仲間だそーです。




 こちらが7月2日、3日の土日に開催される「新・ご当地グルメ グランプリ in 大樹」のポスター。
 食べたアナタが審査員!「美瑛カレーうどん」に「富良野オムカレー」などの挑むのは「大樹チーズサーモン丼」、「苫小牧ホッキやきそば」なんてのもあるじゃないか!全品\600!”宇宙の町 大樹町”で、絶品グルメを堪能するのじゃ〜!」
 だけど、このページがアップするころには終わっているよなぁ...ま、ドコで行われても「大樹チーズサーモン丼」をヨロシクなのだ...なんてことを書いておいたら、ナント!7月4日(月)の新聞に「大樹チーズサーモン丼がグランプリ!」という記事が...組織票?いやいや、地元開催が有利に働いたのでしょう。とりあえず、グランプリおめでとうございました。次回の開催地でも連覇を狙ってもらいましょう!





 景品はイキナリのバッグ類でしたが、ご覧の3人の方々へ...K村氏とK藤氏なんて、ペアで獲得してしまったのだ。イイなぁ...





 「なんてこった...しかも、よりによって、あの2人に当たってしまうなんて...」
 抽選会も開始早々、クソおもしろくもない雰囲気が会場を漂う...





 「えー、次はカマンベールチーズが10個です...」
 会場からは、「ソレがイイ〜!」、「欲しい〜!」という声が...いつ出るかわからないDVDのことを考えると、ダレしもが思うことですナ。
 高校生たちを見守るフリして、虎視眈々とDVDを出すタイミングをうかがうK原会長...




 この景品は最初のプレゼンターであるA教育長ら3人へ。たぶんA教育長以外の地元関係者に当たっていたら、”返せコール”が起きたかも?
 途中、山積みのカマンベールチーズを落としてしまうハプニングもありましたが、無難に収める高校生たちでした。ちなみにこの時、持ちきれなかったチーズを運ぶという名目で、ラブラブHダンナさんがワイン片手にシャシャリ出てきましたが、「あわよくば1つ...」という魂胆がミエミエだったため、ナニも得ることなく終わっております...





 次の景品は靴下でした。Y会長・O野氏・I原氏らに当たりました。
 とりあえず、コレでY会長のDVDはなくなったか...またY会長に当たれば良かったのにネ...





 「えー...次はグリップテープです...Y本さん...」
 とりあえず躊躇しつつ進み出るY本氏...なぜなら、もう一人、現帯広在住の比較的デカいY本氏もいるから...いったいドッチなんだ?
 ややモメる本部でしたが、このクジは引きなおしとなりました。安堵する2人のY本氏...だけど、ココで当たらないとDVDの当たる確立がややアップ?はたして喜んでイイものか、悲しむべきなのか、よくわからない状況なのだ。





 「えー...え?...えぇーっと、カズヒト?...カズヒトさん?」
 ”カズヒト”さん?ダレだ?そりゃ?...と思ったら、過去にそう呼ばれたこともあったのか、察して自ら前に進み出る大御所W氏が...たしかにそー読めなくもナイのですが、高校生にはちょっと難しかったかな?





 そしてボクも呼ばれてしまいました。トホホホ...”カズヒト”さんと入れ違いで受け取りにいくところ。しかし、コレでボクのDVDもなくなりましたので、ヨシとしますか...





 ボクと入れ違いで、ラブラブH奥様にも当たってしまいました。
 「ヨッシャー!OK!チーズ獲ったどー!」
 まるで優勝したかのようなラブラブH奥様。”DVD”以外を狙っていたので、グリップテープでも、モンクなんかありゃしません。





 ...と思ったら、あわてて戻るラブラブH奥様が...肝心の景品であるグリップテープを忘れていたため?
 たしかに、その手には参加賞であるシューズ入れと、ストリングチーズしか握られていないのだ。こりゃ、飲みすぎですネ...




 うーむむ...個人的にはコレですべて終了なのだ。
 あとはダレがDVDを獲得するのであろうか...?





 次は最高景品の一つである、キティホーク様提供の”高額商品券”でしたが、これはH原氏へ。おめでとうございます。
 会場からは「イイなぁ...」の声とともに、「まだ出てこないなぁDVD...」の声が...





 次の景品はテニスボール。比較的デカいY本氏らに当たりました。
 この時、Y本氏の所属する某四文字熟語チーム周辺からの「Yピー、Yピー、ナニが当たったの?」なる声に、ウチのA木氏が、「Y本さん、アッチじゃYピーって呼ばれているのか...」と、やや驚いていましたが...たぶん酔っ払った勢いで、そー言われていたんじゃないかと思いますヨ。





 「続いてジャグ・ボトルが3本です...K原さん...」
 勢いよく登場するK原会長...フツウなら”返せコール”?しかし、そんな雰囲気を作り出さない高校生たちの淡々とした進行に、スッカリ突っ込む機会を失っている我々が...ハッ!こ、これがK原会長の狙いだったのか!イタイケな高校生たちに抽選会をマル投げしたワケは、我々に突っ込むスキを与えないための作戦!そしてこの雰囲気のまま、DVDまで持って行くつもりなんでしょ!なんて恐ろしい作戦なんだ!





 なかなかDVDが出てこない中、次なる景品は釧路テニス協会関係提供の”おつまみセット”が2点でした。これもイイなぁ...
 抽選に先立ち、釧路テニス協会のM坂さんからご挨拶いただきました。
 「えー、いつもウチのジャイアンが、ご迷惑をおかけしております...」ではなく、
 「えー、今日は釧路の珍味を持ってきましたので、今夜のビールのツマミにしていただければと思います...」御提供ありがとうございます。
 この”おつまみセット”は元協会員のH氏と、高校の先生へ...本日は未勝利のH氏、今夜のヤケ酒に絶好の景品獲得なのだ。(ホットケ!)





 「えー、次は振動止め、ネックウォーマーです...Y本さん」
 最初はグリップテープが当たりそうになったY本氏は、結局、ネックウォーマーで決着。どっちがイイかはビミョーなところですナ...
 M氏にも当たってしまい、M氏は振動止めを選択。ミスヒットが多いM氏のことだから、すぐにドコかに吹っ飛んでいってしまうでしょうね...て、そもそも振動止めなんて付けていないか。





 「次ー、DVD、2つ...」
 K原会長の指示どおりか、淡々とナンの前触れもなく、ナンのタメもなく、アッサリとDVDにもっていく高校生MCクン。
 会場から「来たよー!来た来たぁ!」などの声が上がりましたが、高校生効果か、ややヤジは少なめ?





 そして、ついに今年もこの瞬間が訪れてしまいました...やおらマイクを受け取り、周囲の雑音に耳を傾けることなく、今年も語りに入るK原会長...
 「えー、本日のメイン・イベントがやってまいりました...」
 おそらく、ダレも思っていないであろうセリフから入るK原会長...(ダレも期待していないけど)今年のDVDの中身やいかに?





 「えー、今回はですねぇ...ナント、92年ウインブルドン、ダブルスの試合を持って参りました...」
 会場からは、すかさず「知らネェ〜よ!」などの声があがりましたが、すでにこの四面楚歌の状況に快感すら覚えているK原会長にとって、そんな罵声は賛辞に等しく、ますます自分に酔う結果に...さらに語りに熱が入る...





 「92年ウインブルドン、男子ダブルスと聞いて、ピンとくる方がいたら、そーとーツウですネ...これはですね、マッケンローが出たんですネ...マッケンローとシュティッヒが出たんですネ...すごい試合ですヨ、コレ...」
 周囲から「ミハエル・シューマッハー?」なるレーサーの名前も飛び出しましたが、シュティッヒだったら2012年のDVDにも登場していますネ。まずいないと思いますが、確認したい人は2012年の「大樹協会杯」の様子をご覧ください...





 92年のウインブルドンの男子ダブルス決勝は、ジョン・マッケンロー&ミヒャエル・シュティッヒと、ジム・グラブ&リッチー・レンバーグとなり、結果はマッケンロー&シュティッヒ組が優勝するのですが、その最終セットのゲームカウントが”19-17”というところが、K原会長のいうスゴイ試合ということらしいデス。
 マッケンローは現在57才、最近もフツウに解説者としてメディアに登場しているよね。彼の場合は、ヒタイの生え際そのものに変化はないよなぁ。シングルス、ダブルスの両方で世界ランキング1位になった数少ない選手なのだ。
 ミヒャエル・シュティッヒは現在47才、長身のビックサーバーで、フィッシャーのラケットをメジャーにしてくれた一人なのだ。シュティッヒモデルの98だったら持っていたけど、実際にはフェイス90、360グラムオーバーの特注品を使っていたらしい。今は解説者をしているらしいです。





 ジム・グラブさんは現在52才、89年、93年にダブルスランキング1位を獲得しているアメリカのテニスプレーヤーなのだ。89年の全仏ではジョン・マッケンローの実弟であるパトリック・マッケンローとのペアで優勝、92年はリッチー・レンバーグさんとのペアで、DVDに収められているウインブルドン準優勝の他に、全米優勝もしているのだ。シニアになってからも組み続けたということで、かなり仲良しの2人だったようです。ジムさんの頭髪に特に問題はないようですネ...
 リッチー・レンバーグさんは現在50才、92年の全米をジムさんと組んで優勝、95年の全豪はジャリット・パーマーと組んで優勝しているんですって。今は投資家?テニスとはほぼ無縁の生活を送っているようですネ。リッチーさんは昔から若ハゲ風ということですね。
 興味のある人は、さらにググってみてはいかがでしょうか...





 「えー、それでは、イッテみたいと思います...」
 頼む!当たらないでくれぇ〜!こればかりは、どうぞ、ご勘弁を〜!...まだナニも当たっていない人たちに緊張が走る!
 「あー...やはり...急に出場してくれた方に当たるんですねぇ...U働さん...」
 ナント、本日、現帯広在住のY本氏のペアの代役を務めてくれたベテランU働氏に当たってしまいました...





 トホホホ...あまりのショックに一瞬、平衡感覚を失いヨロメいたベテランU働氏に、場内は大爆笑...その後、気を取り直し、DVDを受け取りにいくトコロ...





 シッカリとDVDを受け取り、笑顔のベテランU働氏...って、ココは笑うしかないのだ。まさか高校生相手にモンクも言えませんもんネ...ウーム、コレもK原会長の狙う高校生効果でしょうか...
 急遽、呼び出されて試合に出場したものの、結果は1位グループトーナメント初戦敗退、そしてDVD獲得という仕打ちにあってしまったベテランU働氏...果たして今日のこの結果に満足しているのだろうか...?





 そして、もう1枚は、よりによって高校生に当たってしまいました...せっかく抽選会を手伝ってあげたのに、この仕打ち...「絶対に許さない!」カオで笑ってココロで泣く女子高校生であった...こりゃ来年は、手伝ってもらえそうもありませんネ。





 「えー、引き続き、お楽しみください...」
 その後、いつものように、ナニごとも無かったかのように引き上げるK原会長でありました...





 抽選会は続く...いよいよ最後の大型景品ということで、ラケットバッグが2点用意されました。
 もうDVDが当たることはナイので、会場のみんなは安心しきっているのだ。





 一方、DVD片手に記念撮影に応じるベテランU働氏...





 そして最初のラケットバッグはI川さんへ。おめでとうございます。まさに紙一重の違いですナ...





 「次〜...バッグ、特大、1個...最後で〜す...S木さん...」
 ゲゲ!なんと、最後の特大ラケットバッグは鉄人S木氏へ...なってこった!ココで鉄人S木氏がくるとは...やられた...





 ...というワケで、ナニも当たっていない人は、カマンベールチーズ2個ネ...ハイハイ、当たっていない人は前に来てちょうだい〜





 「毎年、思うけど...これなら当たらねぇ方がイイじゃん!」
 今年も会場のあちこちから聞こえました...





 素直に喜びを爆発させる男子1名、女子1名...DVDのワナをくぐり抜けてココまで到達しただけに、喜びもひとしおなのだ。





 見事、A木氏にも当たったというか、ハズレたというか...とりあえず、おめでとうございます。





 「これで抽選会を終わります...オツカレさまでした...」
 ハイ、オツカレさまでした、パチパチパチ...会場からの拍手とともに高校生たちによる抽選会が終了しました。
 来年はどーなるんでしょ?とりあえず参加者のみなさんは、申し込みの時に名前にフリガナでもふってみますか。





 さて、最後はK原会長の挨拶です...
 「えー、高校生に司会してもらいましたが、みなさんに温かく見守っていただき、なんとか終わることができました。ありがとうございました...」
 高校生を司会に起用することによって、DVDに対する不満の何割かをかわすことに成功した(?)K原会長、来年の司会者はダレだ?





 K原会長の挨拶は続く...
 「えー、今年は”独身たかじゅん”さんが抜けて、私も大会の準備に追われまして、景品なんかを買ってきたのですが...ケッコウ高いですよね。ラケットバッグが、あんなに高いものとは知りませんでした...こんな高額賞品ばかりですから、みなさんが私のDVDを敬遠する気持ちが、チョットわかりました...やっぱり、高額商品の方がイイですよネ...」
 ”チョットわかった”というところで、場内は大爆笑...やっと、気がついてもらいましたでしょうか...
 たしかに大会の景品はイロイロと迷いますネ。ウチの大会では女房が年中、ネットのテニス用品をチェックしたり、ボクが海外通販サイトをチェックしたり、T会長がカモ、じゃなかった仕事がらみのスポンサー様を連れてきたりしています。今年はイギリスがEU脱退ということで、ポンド下落の可能性が高いので、ラケット・デポUKや、ストリンガーズ・ワールドからの買い物が安くなるかも?海外では不人気商品や季節モノである四大大会関係の品物が、大会終了と同時に在庫処分になることもあり、そんな時は送料と税金を入れても国内より安くなることがあります。





 「みなさんが私のDVDを敬遠する気持ちが、チョットわかりました...やっぱり、高額商品の方がイイですよネ...」の言葉に、会場のごく一部、おそらく身内関係者から、「敬遠してないヨ...」の温かいお言葉が...周囲の高校生たちは、まったく予想もしていなかった言葉だけに、「え?そりゃナイでしょう...大人って不誠実なのネ...」といった雰囲気?





 一方、K原会長は...
 「イヤ...さっき、”高額商品の方がイイですよネ...”って言った時に、反応が無かったんで、やっぱりDVDのほうがイイんですネ...」と、会場の反応を誇大解釈?トホホホ...





 「ハイ!また来年もお越しいただきたいと思います...今日はギリギリの天気の中、参加ありがとうございました。これですべての日程を終了します。オツカレさまでした...」
 来年もDVDがあることを匂わしたまま、ムリヤリ結ぶK原会長でした...




 というワケで、今年の「大樹協会杯」も終了です。参加者のみなさん、オツカレさまでした。K原会長はじめ、大樹協会のみなさん、スポンサーのみなさん、ありがとうございました。来年もまたヨロシクお願いします...
 さて、翌日の月曜日は仕事で練習に行けなかったので、金曜日に久しぶりにラケットを取り出してみると...ブツッとイッテました。このラケットで角切れは初めてでしたので、やはり湿った重いボールを打ったことにより、ストリングへの負担が増してしまったためでしょうか...Y本氏も切れてないかなぁ...だけどボクは激安のTITAN、Y本氏はパシフィックのクラシック・ガットという違いがあるんですけどね。
 追伸...たぶんK原会長とは再来週あたり、また某所でお会いできそうな予感が...

 

Bullet1.gif (122 メインページへ

浦河町テニス協会ホームページ − 大樹協会杯 2016 

inserted by FC2 system