「第2回スポーツフェスタ スキー競技大会」
 2003年 日高国際スキー場にて..〜


 「オレはエランが好きだ!MBX命!」...しかし、MBXシリーズもとっくに消えていることだし、今回は使用ラケットと同じメーカーの”Volkl”のスキーをネットで購入してしまった。コレでT会長、M木強化部長、N田さんと兄弟なのだ。うーん..コレで今年のイイワケは悪天候に決定だな..しかし晴れたらどうしましょ..トホホホ...

 まったく関係ありませんが、最近の”マイ・ブーム”は「サンダーバード」です。そう、大金持ちのジェフ・トレーシーが、金にモノをいわせて国際救助隊を設立、いろんなメカとデカイあたまで世界狭しと大活躍する人形劇です。ワシとKスケで実家に帰った時に、外は寒いしヒマだし..そーいえば最近、保険会社のCMに使われているなぁ..ということでビデオを借りてきたのが始まりでした。以来、KスケはUSサイトの”Thunderbirds”に1日1回はアクセスして、パソコンといっしょに「D..C..B..」と秒読みしております。USの違うサイトでは、モノラルのこもった音ですがテーマ曲もダウンロード可能です。この曲がまたイイのだ。ビデオでもそろえようかなぁ...

 

ski_021.jpg (7373 バイト)今年はスキー協会のチャーターしたバスは12:00に浦河町を出発..ということで、この日仕事だった私Kはそのバスに乗れるハズもなく、午後1:45ころにT会長とクルマで現地に向かったのでありました。(今年は女房とKスケは留守番)現地に着いたのは4時ころだったでしょうか。さっそく滑り終えた方から1時間ほど使えるリフト券をもらってナイターへ行くことにしました。

ski_022.jpg (10356 バイト)眼下に広がる日高町の灯かり...え?灯かりなんて見えない?ホットいてください...。
日中は天気だったのか、バーンはやや固め。途中でいっしょになった1級取得者M氏と練習することに。

ski_001.jpg (4725 バイト)

 T会長に撮影してもらいました。新しい板での”あやしいカービングっぽい滑り”。
 実は先週、T会長らとルスツに行って広い整地でカービング大回りの練習をしました。ボクは指導員の友達にもらったロシの”9D PRO(赤いヤツ。たぶん99/00モデル)”をチューンアップ+ホットワックスまでして持っていったのですが、T会長に「まったく滑ってないネ..」と指摘されてしまいました。たしかに暖斜面でT会長たちに楽〜に抜かされてしまいます。ストラクチャーも入れてもらったんだけどなぁ..。一応、デモ・モデルということですが、そこはロシらしい反発と切れを感じます。ハイスピードの安定感も有り..ただし、ターン後半のややおおげさな切れ上がり(?)と、疲れてきた時のエッジの引っ掛かりが気になります。シロウトのたわごとですが、ロシの板って疲れるのだ。...そこで買ってしまったのが"フォルクルP40 RC energy"ってヤツです。こりゃイイ!..まぁ、テニスラケットと同様、新しいモノは最初はイイ感じがするものですが...。抜群の高速安定性と食い付くエッジ(新しいからあたりまえですが..)、ターンの始動もなめらかで、特に意識しなくともスムーズ・イン(?)。テールの引っ掛かりもほとんど感じないし、従来のスキーみたいなのだ。友達には悪いけど、"9D PRO"よりも断然イイね。板だけですが、ネットで送料・税込み1万円、ビンディングは町内のスポーツ店から工具を借りてエランの旧MBXについていたプレートとESSバーをはずして自分で付けました。(ビンディングは"ESS"に限るのだ。)

ski_007.jpg (9005 バイト)

1級取得者M氏の滑り。今年は思い切って150センチのフィッシャーのショートSLモデルを導入。本人曰く「ちょっと短すぎたかなぁ...」果たして明日は吉と出るか、凶と出るか?

ski_016.jpg (5440 バイト)

T会長のメリハリのない滑り。ターンの始動もエッジの解放も、ましてやカービングもへったくれもないのだ。T会長曰く、「オレの滑りはテールをズラして方向づけする滑りだからなぁ..」
ウーム..さすがヘソ曲がり..まさに時代に逆行した滑りです。それにしてもT会長のスキーはフォルクル・P40シナジーレールと言って、P40シリーズの中ではもっともスパルタンなモデルのはず..走るスキーをテールだけで制御するとは、ある意味スゴイかもしれませんネ..。

 結局、5〜6本スベってあがりました。ボクのスキーは新しいだけに、アイスバーンでは好印象でした。明日の天気が気になります...。

ski_023.jpg (5615 バイト)こりゃ何だ?
正解はお金を入れていないアダルト・ビデオチャンネル。よーく見ることに加え、アタマの中で想像力をある程度働かせるとそれなりの画像に見えてくるかもしれませんネ。しかも、雑音はあるものの、音声は十分聞き取れます。ダレか見た人いるんでしょうか?

ski_025.jpg (23751 バイト)

 夕食後のワックスルーム。中央は”ワックス奉行”でもあるコーチのS出氏。「違う!違う!..」ノルディックチームの選手に厳しい指導が及んでいました。とりあえず、S出氏の判断で"TOKO"のオールインワンワックスをベースにホットワックスすることに。隣の静内町ノルディックチームなんか、"セーラF"(スンゴク高価デス..)まで使っていました。リッチなのだ。
 ボクも自分のスキーも含めて何本かお手伝いさせていただきましたが、道具が揃っているので楽しいです。自分のスキーは、とりあえずホットワックスをしてレース直前、天気に応じて適当なワックスをナマ塗りすることにしました。この時T会長はすでに囲碁の真っ最中...。T会長のスキーをまかされていたので、ワックスリムーバーをかけてから軽くメタルスクレパーでソールをなぞってみましたが、かなりの汚れでしたね。やはりカバーをかけないでスキーキャリアに積むとダメです。ソールは確実に劣化します。さて、T会長の板はホットワックス後に密かにパラフィン系の"SWIX CH8(-4℃〜+1℃)"をナマ塗りして終了しました。どうなることやら...

 温泉に入ってから談話コーナーにあるスキージャーナル数冊に目を通すことに。カービングテクニックについては毎年のように変更点があり、シロウトとしてはなかなか理解し難い。まぁ、カービングの王道はスキーをズラさず、いかにスキーを前に滑らすか...といったことになるのでしょうか。それがある程度できていれば、スキーに体がセータイしようが、フォールライン向こうが関係ない気もしますね。よけいなお世話だ!スキにスベらせろ!...て、言いたいネ。

 あーさて、その後0:30ころ就寝。T会長は温泉にも入らないで囲碁ザンマイ。夜中のT会長のイビキが心配でしたが、ほとんど疲労がなかったのか「スヤスヤ」と就寝...しかし、隣の部屋から豪快なイビキ攻撃がありました。トホホホ...

 

ski_026.jpg (7519 バイト)当日の朝の天気は曇り。天気予報では3月下旬の陽気になるとのことでした。ウーム..ワックスが気になります。

ski_027.jpg (10125 バイト)庶務として大会をサポートする日高町テニス・カルチャー・クラブの”Pちゃん”さん(左)と、ショートスキー部門2連覇を狙う”UPさん”。”Pちゃん”さんには成績結果までプリントアウトしてもらいました。ありがとうございました。

ski_028.jpg (10254 バイト)午前8:00ちょっと過ぎ、開会式が始まりました。去年よりも参加者数が減っているそうです。たしかに人が少ないのだ。

ski_029.jpg (14035 バイト)「宣誓!ワレワレは..」
今年の選手宣誓は若いおねぇちゃんでした。やはり去年のおじさんは不評だったのでしょうか。周囲も納得の表情でした。

ski_030.jpg (19375 バイト)

競技開始までの約30分間はコーチのS出氏、1級取得者M氏らを先頭にコースインプレッション(下見)です。この時点で斜面はアイスバーン。スタート時間までにどのくらいユルむのか?雪面状況によりコース取りも変わってくるハズです。(ただし、そんなコト考えて滑るのは余裕がある暖斜面だけですが..)
 コースインプレッションの途中ですでに晴れ間が広がり、絶好のスキー日和となってしまいました..。昨日のナイターでの感触が良かっただけに、硬いバーンの方がイイ..ような気がしたんですけどねぇ..。

ski_032.jpg (4925 バイト)そのころ、キャプテンA氏到着。泣く子も黙る去年の浦河町アルペンチームのベスト・ラッパーである。今年はやや練習不足ぎみということですが、もちろん期待がかかります。

 

ski_034.jpg (5372 バイト)

軽ーくウォーミングアップ。二人ともカービングっぽくないところがミソである...。逆光で不鮮明なのだ。

ski_035.jpg (10634 バイト)

さて、T会長らの出番が近づいてきました。気温はさらに上がり雪面は完全に春スキー状態。練習中にも板の滑りが悪くなってきたのがハッキリとわかったので、急遽ワックスをナマ塗りすることに。T会長と1級取得者M氏はパラフィン系(0℃〜+10℃)を、ボクはフッ素系の万能ワックスを選択してコルクでゴシゴシしました。キャプテンA氏は学生時代にワックスで苦い経験があるのか、合わない場合を考えてそのままで勝負することに..。

ski_036.jpg (13091 バイト)今年も健在、大正生まれの伝説のスキーヤー、静内町T氏。すでに滑り終えてチームに合流したところ。健康ってスバラシイのだ。
右はT会長のスタートを見守る1級取得者M氏。

ski_037.jpg (10274 バイト)さぁ、緊張のスタートです。今年もほぼ去年と同様のコースです。暖斜面から右に落ち込みながら中斜面へ..再び暖斜面..中斜面..暖斜面..ゴール..でしたっけ?バーンが硬いと最初の落ち込みながらの右ターン→すぐ左ターンの旗門がそれこそ鬼門と思われましたが、この雪面状態ならさほど気にすることもなさそうです。(むしろコース中盤の中斜面に問題がありましたね。)

ski_043.jpg (12896 バイト)

前半の暖斜面から中斜面でのT会長の滑り。相変わらずカービングっぽくありませんが、無難に通過中。ワックスも最初よりはイイようです。T会長のタイムは1:15.79。Eクラス6位入賞でした。一応、おめでとうございました。「今年、表彰台に立てなかったら、来年から"歩くスキー"に行く!」..とか言ってましたけど、どうします?"歩くスキー"にもテクニックってありますよ。きっと..

 

ski_047.jpg (1846 バイト)

1級取得者M氏もスタートしました。スケーティング後にすかさずクラウチング姿勢に入るM氏。
結果、ニューアイテムのショートSLと直前のワキシングが効いてタイムは1:11:82。Dクラス5位入賞です。おめでとうございました。

 

ski_046.jpg (18662 バイト)

キャプテンA氏の出番も近づいてきました。ゲート手前ですでに上着を脱ぐA氏。スタートゲートにおさまっても同じ体勢なのだ。右画像手前はスタートを見守るS出コーチ。

ski_052.jpg (19975 バイト)

さぁ、いよいよスタートです。集中を高めてからスタートゲートを飛び出すA氏..。
A氏の結果は1:14.24。Dクラス8位(オー!マイ・ガー!)でした。ウームム...従来の滑り方では雪面が軟らかだったために、多少のズレがタイムに大きく出てしまったようです。カービングっぽく滑れはタイムアップは間違いナシです。来シーズンはT会長やボクのように家庭を犠牲にしてスキー行きましょう..。

 

ski_053.jpg (10079 バイト)さて、出番が近づきビデオをT会長に渡してスキーを履く私K。今年の言い訳を考えているところ。

ski_054.jpg (8477 バイト)ゲート入り直前、S出コーチと。
「だいぶユルんじゃったねぇ..」「とりあえず、苦しまぎれにフッ素系塗りました..へへへ」そんな会話でした。そーいえば今年はあまり緊張しなかったなぁ..。もう4回目だもんネ..

ski_055.jpg (9276 バイト)スタート直前、天を仰ぐ私K。今年は風の影響も考えて女房のバイシクルジャケットを着てみました。(スキーパンツの中に入れないとツンツルテンでカッコ悪いのだ。)
さぁ!準備万端、スキーは新しいしワックス塗ったしカービングだし上着もゴワゴワしないし..コレで去年よりイイ結果が出なかったら来年はワックスマンとして大会をサポートさせていただきますぅ!見てくれ!オレの滑りを−!!

...と、言いたいところだったのですが、なぜかビデオはこのスタートゲートで終わっております...。えぇ、今年はココでやってくれましたヨ...T会長は...トホホホ..
まぁ、結果を申し上げますとナント、タイム1:11.35でCクラス4位入賞+浦河町アルペンチーム・ベストラップでした。ウームム..こんなことなら、もっと早くカービングにすれば良かったワイ..。表彰台まで0.57秒、さらに2位まで0.01秒..えぇ、そのかわり5位との差も0.01秒でしたけどね。うーん、スリリングじゃ。

 

 「いやー、Kくんの滑り良かったよ。ちゃんと他のウマイ選手みたいにカラダもスゴク傾いていたし、もうバッチリ撮ってあるから..」さんざん期待させておいて..もう..。ビデオを見てガクゼンとなりましたね..。
 今年は雪がユルんでしまったため、滑り方やワックスでかなり大きな差がでてしまったかもしれません。コース的には中間地点の旗門がやや狭い間隔で振られていたので、そこでスキーがズレてしまいました。まぁ、シロウトとしては上出来でしょうか。

 競技が終わってからT会長とキャプテンA氏とボクで上の方に遊びにいきました。日高国際スキー場はリフト4本で頂上に到達します。最上の第4リフトだけ未圧雪(昔は第3リフトの横も未圧雪で、ソコソコおもしろかったんですが)、高度もあるので雪の状態も良かったです。
...んで、恒例の「オレの滑りをみてくれ!」コーナーです。最近T会長は積極的にコブに入らないので、撮影係を買って出ました...えぇ、今度は映っていましたヨ...

ski_070.jpg (18186 バイト)

ski_072.jpg (21144 バイト)

A氏のコブ斜面での滑り。最後はややハネられてしまいました。(左側から見れるように画像は反転させています。)

ski_090.jpg (29936 バイト)

ski_091.jpg (25637 バイト)

撮影はT会長。ココは良く撮れていました。ちなみにビデオをキャプチャするときの画像レートは1秒間に約30コマ...えぇ、バランスがとれてそーな画像を厳選しております。パッと見たらウマソーに見えるかも?ヘヘヘ..
 でもやっぱりスキーはいろんなトコ滑るのがイイですのぉ..コブとか林の中とかリフトの下とかゴンドラの下とか..整地でカービングしてると寒いし、疲れるし..ズレがない分、垂直方向にかかる負担が大きいのだ。足を肩幅に広げて肩をいからせてハイスピードで滑る人が最近多いけど、スピード出すだけがスキーじゃないぜ。(競技は除く..)

 

ski_100.jpg (5035 バイト)上の方で何本か滑ったあと、下まで降りて本部席前の結果を見に行きました。自分の11秒台は意外でしたね。スキーに乗れていたのか、乗られていたのか、ほとんどクラウチングをとっていたにもかかわらず疲労感はあまりありませんでしたし..。ゴール直後、「頼む!もう一回やらせてくれ〜!」と、今年も思いました。その後、昼食、閉会式・表彰式となりましたが、昼食ではT会長の食べられる唯一のメニュー”やまべ定食”が売り切れ(..というか時期的に販売休止?)。売店で買った菓子パンを食べるT会長でした。トホホホ...

 

ski_101.jpg (6487 バイト)さて、表彰式ですが..今年もやってくれました、静内町の”お達者アルペントリオ”。今年も男子Gクラス(70才以上)にエントリーしているのはこの3人、ゆえにクラス完全制覇となります。

 

ski_102.jpg (8573 バイト)浦河町アルペンチームはダレも表彰台に上がれず...トホホホ。ノルディックチームはリレーで第3位、個人戦でも男子FクラスでI本氏が2位入賞を果たしております。おめでとうございました。画像は第3位に食い込んだリレーの表彰風景。やっぱり自衛隊を抱える静内町は強いのだ。ちなみにリレーは4町対抗だったようですが、日高町が棄権して3町で争われた..と聞いております。(..ということは?)

結果発表 浦河町テニス協会アルペンチーム

えー、一応成績順にいきますと..

私K..1分11秒35 
Cクラス(33〜39才の部18人中)4位入賞!浦河町のベスト・ラップ、完走した男女116人中20番目のタイム。ちなみに全体のトップタイムは日高町のBクラスの人で、58秒79..スゴイのだ。

キャプテンA氏..1分14秒24
Dクラス(40〜49才の部20人中)8位!浦河町では3番目のタイム、完走した男女116人中29番目のタイムになります。このクラスはレベル高いのだ。

T会長..1分15秒79
Eクラス(50〜59才の部16人中)6位入賞!浦河町では5番目のタイム、完走した男女116人中35番目のタイムになります。

また、スキー協会関係の入賞者は..
女子Dクラス S選手..1分47秒35 6位入賞
女子Eクラス H選手..1分24秒59 2位入賞
男子Dクラス 1級取得者M氏..1分11秒82 5位入賞
男子Eクラス 1級取得者M井氏..1分14秒38 4位入賞
男子Fクラス 監督(スキー協会会長)O氏..1分23秒06 4位入賞
男子Fクラス I山氏..1分23秒72 5位入賞
男子Fクラス コーチS出氏..1分24秒66 6位入賞
...となっております。みなさん、オツカレさまでした。

 こんなワケで、今年のスキー大会も終了です。閉会式でも話題になりましたが、浦河町スキー協会所属の女子ヘッドコーチでもあるK選手が、競技中に転倒し担架で搬送されるということが起きてしまいました。大きなケガには至らなかったようですが、両膝をひねってしまったらしく現在療養中です。スキーは上級者になるほど、大きな転倒をするもんです。初心者の人って、だいたいスピードオーバーとかでオシリから転んだり、滑り込むように転倒しますよね。ウマイ人(もしくは無謀な人..あっオレか?)は先行動作主体でどんどんカラダを前に出していくから、その過程で予期していないこと(木の根っこ・部分的にヤワい雪や硬い雪・その他スキー板の滑りに影響するもの..)があると、スキーはその場に残ってカラダは前方にジャンプ!..たまにオマケで自分のスキーが上から流れてきて背中を直撃..うぅっっ...てことになります。気を付けましょう。

 さて、イビキをかくT会長を助手席に乗せて約2時間のドライブで午後4時40分、T牛乳店到着。6時からキャプテンA氏とともに祝勝会(?)会場の焼肉店へ。(肉を食べない、ニオイもかげないT会長は当然不参加。T会長が優勝でもすれば、スキー協会も考えてくれるかもしれませんよ。)日高の"Pちゃん"さんからもらった成績表をコピーして、みんなで回し読んで解析した結果、今年の結論は..「やっぱりみんなでカービングしよう!(競技の時だけ)」ということになりました。コレは従来の技術で滑ったT会長とA氏が、去年とほとんど同じタイム・同じタイム差だったことに対し、テキトーながらもズラさないことを意識したボクのタイムがイッキに縮んだ..という結果に基づきます。どう?酔っ払っているわりには説得力あるでしょ..。あと、やっぱりワックスも大事なのだ。11秒台の1級取得者M氏もボクも、オウジョウ際悪く当日レース直前にナマ塗りしてたもんね..。
 その後、8時ころになってアルペンチームは解散、ノルディックチームはまだ飲んでました..さすが、持久力がありますねぇ..。大会前日の宴会時の挨拶で、スキー協会O会長のお言葉、「このスキー大会は、この宴会から明日のスキー競技、そして明日の祝勝会まで続いていますので、それまで体力が続くよう決してムリをせず、競技はできる範囲でガンバッテください..」が思い起こされます。ボクは、宴会:競技:祝勝会=1:7:2..くらいだったでしょうか?みなさん、どうでした?

Bullet1.gif (122 メインページへ

浦河町テニス協会ホームページ −2003 スポ・フェス冬季大会

inserted by FC2 system